赤ちゃんが生まれたら、なるべく早く出生届を出しましょう。

 

児童手当や乳幼児医療費助成など、すべてのもらえるお金の申請はここから始まります!

 

 

赤ちゃんが生まれたら、まず提出するのが出生届。

 

書類は市区町村役場か出産した病院や産院で受け取れます。

 

出生届の提出期限は14日以内です。

 

産後のあわただしい2週間なんて本当にあっという間ですので、余裕をもって届出を!

 

忙しくてうっかり忘れてた!なんてことがないとも限りませんし、いざ提出したら「名前の漢字が使えないI!」ということもあります。

 

出生届の提出期限は生まれてから14日以内と決まっていますので、早めに名前の候補を決めておくことをおすすめします。

 

 

提出先は赤ちゃんが生まれたところ、本籍地、住所地などの市区町村役場です。

 

出生届は自宅のある役所でなくても提出できます。

 

 

 

 

 

 

 

こんなとっきはどうしたら?

 

Q:本籍地が離れている場合は?

 

A:どこで提出しても本籍地に届きます

 

本籍地以外の出生地や、住所地の市区町村役場で出生届を提出しても本籍地に届く仕組みになっています。

 

ですから、わざわざ本籍地に提出する必要はありません。

 

児童手当などの申請を考えると、父母の住所地での届出が便利でしょう。

 

あらかじめパパこ出生届と一緒に児童手当や乳幼児医療費助成も申請してもらえるようにお願いしておきましょう。

 

 

Q:提出期限までに赤ちゃんの名前が決まらなかったら?

 

A:空欄で提出したあと“追完届を出します

 

出生届の提出期限である14日な内に赤ちゃんの名前が決まらなかった場合は、名前の欄を空欄こして提出できます。

 

そのあと、名前が決まり次第「追完届」という書類を提出します。

 

しかし、追完届で名前を提出した場合は戸籍に新たに名前を追加することになってしまいます。

 

子どもの将来のためにも、できれば期限内に名前を決めて提出したほうが良いでしょう。

 

出生届まとめ

 

Q:出生届はいつまで?

 

A:提出期限は生まれた日から14日以内。
生まれた日も含みます。

 

Q誰が出すの?

 

A:届出人は父または母になります。
ただし、窓口に届け出るのは父母以外の代理人でもOKです。

 

Q:どうやって出すの?

 

A:医師か助産師の出生証明が入った出生届、母子健康手帳、届出人の印鑑など持参で、本籍地、出生地または届出人の住所地・所在地の市区町村役場の戸籍窓口に提出しましょう。