頑張りすぎない

 

●ママは本当にすごい!

 

「……やっと寝てくれた」と、ほっと肩をなでおろして、息をひそめながら布団から離れて洗い物をするために部屋を出ようとしたら足の裏にムニュっとした感覚が。

 

「あ、なんか踏んだ」と思うのと同時に「プピー!」とマヌケな音が響き、たったいまやっとの思いで寝かせた赤ちゃんがギャーンと泣き出し始めに戻る。

 

ママだったら一度は似たような経験があるかと思います。

 

 

●なんで玩具を片付けておかなかったんだろう

 

●離乳食、なんでいらなくなる毎度お皿ごとひっくり返すのよー

 

●泣くほど眠いなら寝ればいいじゃないのー

 

●まんまのたびに最後はスプーンでお茶を巻き散らかすの本当にやめてー

 

●あーあー泣きすぎて声が枯れちゃって・・・泣きたいのはこっちよー

 

●同じ絵本を15回連続で読み聞かせリクエスト……。

 

 

 

育児の愚痴なんて書き出したらキリがないのでこのへんでやめますね(笑)

 

赤ちゃんがいると、面白いことや、かわいいなあと思うことがある反面、やめてくれーと思うことやイライラすること、モヤモヤすることがてたくさんありますよね。

 

そんな我が子と毎日家事に追われながら、寝かせて、食べさせて、一緒に遊んで、泣きにぐずりにかんしやくにと付き合う・・・。

 

お母さんって本当にすごいな〜と思いませんか?

 

私は、本当にすごい! と思います。

 

でも、時にうまくいかないことが続いたり、頑張りすぎて空回りしたり、見通しが立たなくて不安になったりすることもありますよね。

 

本当にこれでいいんだろうか? と悩んだり、私はダメなママなんじやないか……と落ち込んだりするとき、ありませんか?

子育てには悩みが付き物

 

 

子育てには悩みがっきものです。

 

王道や正解といったものはありません。

 

それぞれで試行錯誤を繰り返しながら、ベストを尽くしていくしかないのが育児です。

 

また、どんな場合でも、納得できる答えはその人の心の中にあって、外側から与えられるものではありません。

 

自分で納得できるためには、まず自分を大切にすることがとても重要なのです。

 

 

親自身が自分を大切にし、自己否定感を持たないこと。

 

このことは子どもの育ちにとっても大切です。

 

ですが、悩めるお母さんたちにはなかなか難しいようです。

 

孤立しがちな環境で苦しんでいる方も本当に多いのではないでしょうか?

 

私はこのサイトを通じて、いま、子育てで悩んでいる方や頑張っている方に、自分の体験や多くの先輩ママたちから教えてもらった考え方のヒントをお伝えできたらなと思っています。

 

 

育児で悩んだり苦しんでいるのは、あなた一人だけではありません。

 

だからどうか、頑張りすぎないでください。